トヨタ/VW/グーグルなどが参画、自動運転の啓蒙活動団体設立…CES 2019

トヨタ/VW/グーグルなどが参画、自動運転の啓蒙活動団体設立…CES 2019
  • トヨタ/VW/グーグルなどが参画、自動運転の啓蒙活動団体設立…CES 2019

米国ラスベガスで開幕したCES 2019において、自動運転に関する啓蒙活動を行う非営利団体、「PAVE」が立ち上げられた。

PAVEとは、「Partners for Automated Vehicle Education」の略だ。消費者に自動運転車や自動運転技術、安全性、機動性、コネクティビティなど、自動運転が現在と将来に実現可能なことについて、理解を深めてもらうのを目指している。

PAVEのメンバーには、トヨタ、フォルクスワーゲン、GM、ダイムラー、アウディなどの自動車メーカーをはじめ、グーグル傘下のウェイモ、インテルとその傘下のモービルアイ、エヌビディア、GM傘下のクルーズなど、自動運転関連技術を開発する企業など、総勢24の企業や団体が参画している。

PAVEは今後、最新の自動運転技術を消費者に体験してもらう機会を設けていく予定だ。公式サイトやソーシャルメディアコンテンツを通じて、自動運転に関する情報も発信していく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集