クラリオンが中・長距離の自動遠隔出庫システム、スマホで呼び出し…CES 2019で発表へ

クラリオンの自動駐車技術のイメージ
  • クラリオンの自動駐車技術のイメージ
  • CES (c) Getty Images

クラリオン(Clarion)の米国部門は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、自動車向けの自動遠隔出庫システムを初公開すると発表した。

この中・長距離の自動遠隔出庫を実現するシステムは、「ロング・レンジ・サモン」と呼ばれる。新システムを構成する主な技術は、センサーフュージョン技術、コネクテッド技術、位置情報制御技術の統合技術だ。このうち、センサーフュージョン技術は、クラリオン独自の自動駐車システムの「パーク・バイ・メモリー」で実現した低速自動運転技術のセンサー機能を強化したものになる。

自動遠隔出庫のプロセスは、まず入庫時に駐車する場所の周辺環境や経路、外界情報を記憶する。ドライバーが、スマートフォンの車両呼び出しボタンを押すと、スマートフォンの位置情報と車両の記憶情報をベースに自動出庫を開始する。そして、センサーフュージョン技術を基に、走行可能領域を特定し、ユーザーの待機位置まで駐車場内を自動走行する。センサーフュージョン技術が、走行経路上に障害物がある場合は回避を行う。

中・長距離の自動遠隔出庫システムが想定される使用場面は、例えば海外の大規模駐車場だ。入庫時に記憶させた駐車環境をベースに、ユーザーの元までスマートフォン操作により、自動で車両を呼び出すことができる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • テスラ モデル3、スマホアプリで遠隔駐車が可能に…進化版「サモン」搭載へ 画像 テスラ モデル3、スマホアプリで遠隔駐車が可能に…進化版「サモン」搭載へ
  • 駐車スペースを見つける自動運転車…ジャガー・ランドローバーが自動駐車技術のデモ 画像 駐車スペースを見つける自動運転車…ジャガー・ランドローバーが自動駐車技術のデモ
  • アウディ Q8、スマホで遠隔駐車が可能…レーダーセンサーは最大5基搭載 画像 アウディ Q8、スマホで遠隔駐車が可能…レーダーセンサーは最大5基搭載
  • 未来の駐車システム「自動バレーパーキング」実証実験、JARIが東京・台場で開催 画像 未来の駐車システム「自動バレーパーキング」実証実験、JARIが東京・台場で開催

特集