JR東海に改良型のリニア試験車…非接触で車内電源を供給、空気抵抗は約13%低減 2020年春完成

JR東海は12月20日、L0系に続く新たな中央新幹線向け超電導リニア試験車を製作することを明らかにした。

2013年から山梨リニア実験線で走行試験に使用されているL0系の改良型と位置づけられた車両で、L0系では車内の電源を灯油を使用して発電するガスタービン発電装置により賄っていたが、これを電磁誘導の作用を利用して非接触で電源を供給する「誘導集電方式」に変更する。

ガスタービン発電装置がなくなり、屋根上の排気口が省略されることから、消費電力や車外の騒音を低減できるほか、これまでの走行試験の結果を踏まえて先頭形状をより最適化できるようになることから、空気抵抗はL0系との比較で約13%低下するという。

また、L0系では先頭車の先端にあった前照灯や前方監視カメラがより上部に取り付けられることから、前方の視認性が向上するとしている。

この改良試験車は、先頭車1両が日立製作所、中間車1両が日本車輌製造で製造され、2020年春に完成する予定。走行試験ではL0系と混結して使用されるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 200km/hを「遅い!」と感じる衝撃…JR東海、山梨リニア実験線の走行試験を公開 画像 200km/hを「遅い!」と感じる衝撃…JR東海、山梨リニア実験線の走行試験を公開
  • 山梨リニア実験線の体験乗車、今夏から定員30席増 画像 山梨リニア実験線の体験乗車、今夏から定員30席増
  • 国土交通省、超電動リニアの技術開発の方向性を検討 画像 国土交通省、超電動リニアの技術開発の方向性を検討
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース