「タイヤチェーンを装着していない車両通行止め」規制標識を設定

(イメージ)
  • (イメージ)
  • チェーンを装着していない車両の通行を禁止する標識

国土交通省は15日、冬期道路交通確保対策検討委員会が大雪時の道路交通を確保するため、チェーン規制の実施を提言したことを踏まえ、道路標識、区画線、道路標示に関する命令を改正すると発表した。

改正案では、タイヤチェーンを取り付けていない車両の通行を禁止する意味を表示する規制標識を新設する。また、画像表示用装置を使って道路標識を表示する場合、背板の色に関する規定を追加する。これによって分かりやすく表示できるLEDを用いた電光表示を可能とする。

11月15日から11月28日まで改正案に関する一般からの意見を聞いた上で、12月上旬に公布・施行する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 雪道や凍結路に対応「瞬足」2018年冬モデル 画像 雪道や凍結路に対応「瞬足」2018年冬モデル
  • カーメイト、非金属タイヤチェーン「バイアスロン」の新製品発売へ 自動フィット機構採用 画像 カーメイト、非金属タイヤチェーン「バイアスロン」の新製品発売へ 自動フィット機構採用
  • 国交省、崖崩れや雪崩が発生した地域に対策費を緊急配分 画像 国交省、崖崩れや雪崩が発生した地域に対策費を緊急配分
  • 大雪時の道路交通、「通行止め回避」の考え方を転換へ 国交省 画像 大雪時の道路交通、「通行止め回避」の考え方を転換へ 国交省

特集