ホンダが理念『VE-1』発表、新型EVは ヴェゼル ベース…広州モーターショー2018

ホンダの中国専用EVの理念 VE-1
  • ホンダの中国専用EVの理念 VE-1

ホンダは11月16日、中国で開幕した広州モーターショー2018において、中国専用EVの理念『VE-1』をワールドプレミアした。

「理念」は、ホンダと広州汽車の中国合弁、広汽ホンダの自主ブランドだ。広州モーターショー2018で発表された理念 VE-1は、本田技研科技(中国)有限公司と広汽ホンダが共同開発し、中国専用に投入される初の量産EVとなる。

理念 VE-1は、ホンダのコンパクトSUV、『ヴェゼル』のプラットフォームがベースだ。高効率なEVユニットを高いパッケージング技術でレイアウトすることで、クラストップレベルの室内空間を追求する。また、大容量バッテリーを床下に配置することによって低重心化を図り、サスペンションの最適化などにより、高い走行安定性も追求した。

EVパワートレインは、モーターが最大出力163hp、最大トルク28.6kgmを発生する。バッテリーは、蓄電容量53.6kWhのリチウムイオンを搭載し、1回の充電で340km(NEDCモード)の航続を可能にした。このEVパワートレインは、パワーやトルクの制御による3つの走行モードを備え、スポーツEVと呼べるドライビング性能を実現した、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集