ヤマハ発動機のイチオシは発電機、2月発売予定…危機管理産業展2018

ヤマハ発動機の発電機「EF1800iS」
  • ヤマハ発動機の発電機「EF1800iS」
  • 工具なしでキャブレターの燃料抜きが簡単にできる燃料排出コック
  • 工具なしで簡単にパネルが取り外せる
  • ヤマハ発動機のブース

「危機管理産業展」に毎回出展しているヤマハ発動機。今回も消防活動二輪車をはじめ、除雪機、発電機など多くの製品を展示した。そのなかで同社関係者が一押しで推薦した商品が2019年2月発売予定の発電機「EF1800 iS」だ。

「この発電機は2年半かけて開発した自信作です。久々の新モデルなので非常に期待しています」と同社関係者は話し、使いやすさを追求してさまざまなところを改良したという。

まずは持ち手の部分。これまで1つあるいは2つしかなかったが、それを中央と左右2つの3つにした。これによって、1人でも2人でも運びやすくした。また、工具なしでキャブレターの燃料抜きが簡単にできる燃料排出コックを採用。パネルについても、工具なしで簡単に取り外せるようにした。これによって、大幅にメンテナンスがしやすくなった。

そのほか、12Vの安定した電力を供給するアクセサリーソケット、視認性に優れる燃料ゲージ、多機能LEDインジケーターとデジタルマルチメーターも採用するなど、お客の声を反映させたという。

もちろん性能についても折り紙付きだ。工事現場などで使用する高負荷の電動工具に対応するため、家庭電源の15Aを上回る1.8kVAの高出力性能を実現。さらに「ブーストモードを新たに追加し、より高い機動電力を必要とする機器にも対応できるようにした」(同社関係者)という。

これによって、高出力、定格、エコノミーの3つのモードの選択が可能になった。連続運転時間も4.7リットルの燃料タンクの採用により、4.2~10.5時間をクラス最高を実現している。価格は税込み22万4640円。

北海道で大規模停電があったこともあり、発電機に関する問い合わせが増えているそうで、同社としてもプロユースにも対応した新発電機で攻勢をかけたいところだろう。

《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • 自然災害大国日本における防災の切り札、アウトランダーPHEV を利用した停電対策とは? 画像 自然災害大国日本における防災の切り札、アウトランダーPHEV を利用した停電対策とは?
  • スパークス、トヨタ自動車と再生エネルギー発電所に投資するファンドを設立 画像 スパークス、トヨタ自動車と再生エネルギー発電所に投資するファンドを設立
  • 北海道地震1週間、電力不足対策、トヨタは節電で生産再開、いすゞは神奈川の工場から発電機移送[新聞ウォッチ] 画像 北海道地震1週間、電力不足対策、トヨタは節電で生産再開、いすゞは神奈川の工場から発電機移送[新聞ウォッチ]
  • 体温で発電する腕時計、充電いらずの『PowerWatch』が日本登場! 画像 体温で発電する腕時計、充電いらずの『PowerWatch』が日本登場!

特集