ジャガーのEV『I-PACE』、人工走行音発生装置を開発…速度や進行方向で音が変化

ジャガー I-PACE の人工走行音発生装置のイメージ
  • ジャガー I-PACE の人工走行音発生装置のイメージ
  • ジャガー I-PACE の人工走行音発生装置のイメージ
  • ジャガー I-PACE の人工走行音発生装置のイメージ
  • ジャガー I-PACE の人工走行音発生装置のイメージ
  • ジャガー I-PACE の人工走行音発生装置のイメージ

ジャガーカーズは10月11日、ジャガー初の市販EVの『I-PACE』向けに、人工的な走行音発生装置、「AVAS」を開発した、と発表した。

ジャガーI-PACEのEVパワートレインは、電気モーターを前後アクスルに搭載し、4輪を駆動。2個のモーターは合計で400psのパワーと、71kgmのトルクを引き出す。I-PACEは0~100km/h加速4.8秒のパフォーマンスを実現する。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は90kWh。DC100kWの急速チャージャーを使えば、バッテリーの80%の容量をおよそ40分で充電可能、100km走行分であれば、およそ15分で充電できる。

ジャガーカーズは今回、ジャガーI-PACE向けに人工的な走行音発生装置「AVAS」を開発したと発表。AVASは視覚障害者をはじめ、すべての歩行者や自転車などとの衝突事故を減らす目的で開発された。

AVASは20km/h以下の速度で作動し、フロントのスピーカーから走行音を発する。世界で最も厳しいとされる欧州の法律で求められる最低56dB(A)を超えるサウンドを開発した。

ジャガーカーズのエンジニアは、無響室やさまざまな都市など、いくつかの環境で発生する音をテスト。警告音は、車両の速度に応じてピッチや音量が増加し、車両の進行方向が変わると追加の音を発生する設計、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • EVは音が違う…帝人グループ、内装材事業強化に向けて独ジーグラーを買収 画像 EVは音が違う…帝人グループ、内装材事業強化に向けて独ジーグラーを買収
  • ローム、高音質オーディオ用DACを2019年夏に出荷…高級EVへの搭載も狙う 画像 ローム、高音質オーディオ用DACを2019年夏に出荷…高級EVへの搭載も狙う
  • 三菱 アウトランダーPHEV、予防安全技術「e-アシスト」装備の特別仕様車を発売 画像 三菱 アウトランダーPHEV、予防安全技術「e-アシスト」装備の特別仕様車を発売
  • ZF、次世代安全システム搭載のEV発表…事故ゼロ目指す 画像 ZF、次世代安全システム搭載のEV発表…事故ゼロ目指す

特集

おすすめのニュース