大阪モノレール3000系が2018年度のグッドデザイン賞を受賞…眺望性などを評価 10月21日から運行

眺望性を重視した開放感が大きく評価された大阪モノレール3000系。
  • 眺望性を重視した開放感が大きく評価された大阪モノレール3000系。
  • 大窓を採用した3000系の車内。
  • 家族客を重視して設けられたキッズスペースとベビーカースペース(左)。運転室の窓ガラスにも楽しい意匠が施されている(右)。

大阪モノレールは10月3日、同社の新型車両3000系が2018年度のグッドデザイン賞を受賞したと発表した。

3000系は大阪モノレールとしては17年ぶりとなる新型車両で、「やさしさ・おもてなし」「清潔感・開放感」「楽しさ」「チャレンジ」といったコンセプトで、おもに家族を意識して製作された。

今回の受賞では、眺望性を重視した開放感あふれるインテリアや、ベビーカー利用者を考慮して腰当てクッションを設けるなどのユーティリティー性、まとまりのよい内装材のカラーリングなどが評価された。

この3000系は10月21日から営業運行を開始することになっており、当日は14時から14時50分まで万博記念公園駅(大阪府吹田市)で出発式を開催。その後、14時45分発の臨時列車が門真市まで運行され、門真市15時18分発の千里中央行きから通常運行に入る。

グッドデザイン賞は公益財団法人日本デザイン振興会が1957年から主催している総合的なデザインの評価・推奨制度で、モノレール車両としては過去に、東京モノレールの1000形、2000形、10000形が受賞している。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 清潔で開放的、子供から大人まで楽しめる…大阪モノレールに17年ぶりの新車 2018年秋 画像 清潔で開放的、子供から大人まで楽しめる…大阪モノレールに17年ぶりの新車 2018年秋
  • 【グッドデザイン2017】クルーズトレイン『四季島』大賞候補に…『瑞風』も受賞 画像 【グッドデザイン2017】クルーズトレイン『四季島』大賞候補に…『瑞風』も受賞
  • 【グッドデザイン15】箱根登山鉄道「アレグラ号」がベスト100に 画像 【グッドデザイン15】箱根登山鉄道「アレグラ号」がベスト100に
  • 東京モノレール、2000形1編成をリニューアル…7月18日から運行開始 画像 東京モノレール、2000形1編成をリニューアル…7月18日から運行開始

特集