「カートラ」って何? クルマ×旅の祭典、幕張メッセで初開催 9月28-30日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
カートラジャパン(イメージ)
  • カートラジャパン(イメージ)
  • カートラジャパン(イメージ)
  • カートラジャパン2018
クルマ×旅の祭典「カートラジャパン」が9月28日より3日間、幕張メッセにて初開催される。“カートラ”とはカー&トラベルの略称。イベントでは、クルマならではの自由な旅や、テント泊・車中泊などの楽しさを提案する。

カートラジャパン2018は、「クルマ×旅」をテーマにした屋内EXPO会場と、都心での車中泊・テント泊体験ができる屋外キャンプ会場を統合した日本最大級のカートラベルイベントだ。会場には車中泊仕様の乗用車から本格的なキャンピングカーまでが勢揃い。さらに、安心してクルマ休憩ができる施設として国内各所への展開を目指す「カートラSTATION」のモデルタイプを初公開する。

また屋外会場では、展示会史上初となる幕張メッセでの「車中泊・テント泊体験会」(事前予約制)を開催する。音楽や食事などアーバンキャンプを楽しみながら、そのままキャンピングカーでの車中泊体験やテントを張っての宿泊体験。翌朝には朝ヨガや朝食なども楽しめる。

なお会場では「ママキッズフェスタ2018」と「いぬのきもちフェスタ2018」も同時開催。子どもやペット連れでも楽しめる3日間となる。前売券は高校生以上800円、小・中学生500円で発売中。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集