フェラーリのSUV参入どうなる? 噂の2車種の正体は

自動車 ニューモデル 新型車

SP38 スパイダー 予想CG
  • SP38 スパイダー 予想CG
  • SP38
  • SP38
  • SP38
  • SP38
フェラーリにとって、2018年から2019年は大きな動きが見られそうだ。一つは『SP38』の派生モデル『SP38スパイダー』、そしてもう一つはSUVだ。その可能性を探る。

「SP38」は、同ブランド最新のワンオフモデルとして、5月に公開されたばかりのホットモデルだ。この噂を元に、ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」は「スパイダー」のレンダリングCGを制作し公開した。「SP38」は、「488GTB」のパワートレインを移植しながらエクステリアに専用デザインが与えられている。愛称「デボラ」と呼ばれ、『F40』のデザイン・モチーフに「デボラ・レッド」でカラーリングされている。

クーペのパワートレインは、488GTB譲りの3902cc V型8気筒ガソリンターボエンジンで、最大出力670ps/8000rpm、最大トルク77.5kgm/3000rpmを発生する。このスパイダーでは、さらなる高性能も噂されており、なんとも豪華なワンオフ・オープンモデルとなりそうだ。ワールドプレミアは、2019年内と予想されている。

もう一台の注目は、SUVだ。同ブランド会長のセルジオ・マルキオン氏は、2016年、フェラーリ製SUVは「ありえない」としていたが、一転発売を示唆しており、しかも急ピッチで開発が進んでいると言う。

同氏が、SUVではなく、「FUV」(フェラーリ・ユーティリティ・ビークル)と読んでいるこのモデルは、パワートレインの詳細こそ謎だが、最高出力700ps以上を発揮するプラグインハイブリッドと噂されている。ワールドプレミアは2020年と予想されていたが、最新情報で2019年に修正されている他、2018年内登場の可能性もあるとレポートされている。

フェラーリに豪華スパイダー&SUV登場か!2019年に大きな動き

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集