BMW「CSL」が復活へ、新型 M8 にも設定の可能性

自動車 ニューモデル 新型車

BMW「CSL」復活へ…写真はM3 CSL
  • BMW「CSL」復活へ…写真はM3 CSL
  • BMW 3.0 CSLオマージュ
  • BMW「CSL」復活へ
BMWのスポークスマンは、近い将来「CSL」の名称を復活させる計画があることをメディアに語った。既に『M2 CSL』『M3 CSL』『M8 CSL』などを商標登録していることも発覚。発売は間違いないだろう。

「CSL」は、「Coupe Sport Lightweight」の略で、BMW2ドア・スポーツモデルの頂点として存在する。初代は1968年に登場したE9世代の『3.0 CSL』で、その後2003年にE46型『M3 CSL』を限定1,383台で発売。現在でも不動の人気を誇るモデルだ。さらに2015年には、『3.0 CSL オマージュ/オマージュRコンセプト』が発表されている。

今回の報道では、現在ラインアップされている「GTS」の代わりとして「CSL」が設定されると予想している。現在最新の「GTS」は、2016年の『M4 GTS』で、最高出力500psまで高められ「公道走行可能なレーサー」として存在している。恐らく「CSL」シリーズも、同様のハードコアモデルになるに違いない。

BMWはすべての「M」シリーズに「CLS」を商用登録しているが、実際に設定されるのは、『M2』と『M8』が有力とされ、4ドアやSUVには設定されないと思われる。

BMW「CSL」が復活へ!新型M8にも設定の可能性

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集