メルセデスベンツ Aクラス 新型、セダンに続きワゴンも!? デザイン予想

自動車 ニューモデル 新型車
X-Tomi Design によるメルセデスベンツ Aクラス ステーションワゴン予想CG
  • X-Tomi Design によるメルセデスベンツ Aクラス ステーションワゴン予想CG
  • メルセデスベンツ Aクラス
  • メルセデスベンツ Aクラス(A250 Edition1)
  • メルセデスベンツ A クラス L セダン
  • メルセデスベンツ A クラス L セダン
  • メルセデスベンツ A クラス L セダン
  • メルセデスベンツ Aクラス(A200)
  • メルセデスベンツ Aクラス(A200)
メルセデスベンツのエントリーモデル、『Aクラス』に近い将来、ステーションワゴンが設定される可能性があるという情報を入手した。実現すれば「セダン」に続くAクラス第三のモデルとなる。

また、ハンガリーのデザイン会社「X-Tomi Design」社は予想CGを制作し、Facebookで公開している。フロントマスクを含むボディ前部は、ハッチバックと同じだが、公開されたばかりの「セダン」同様にCピラー以降を延長させ、変化を見せている。

同ブランドのコンパクト・ワゴンと言えば、『CLA シューティングブレーク』が存在する。しかし2019年にも登場が予想される『CLA』二代目では、廃止される可能性があり、そうなった場合Aクラス ステーションワゴンが実質後継モデルとなるだろう。しかしシューティングブレークが継続される場合、この計画は幻となる可能性もある。

シューティングブレークは、2012年に『CLS』に初めて設定されたスタイリッシュなワゴンで、人気を博した。その後、2015年には弟分「CLA」にも設定されたが、昨年登場した「CLS」新型において、シューティングブレークの廃止が濃厚で、「CLA」でも廃止となると一気にブームが終焉を迎えそうだ。

より安く、実用性の高い「Aクラス ワゴン」の登場の鍵は「CLA シューティングブレーク」が握っている。

メルセデスAクラス第三弾はワゴンか...CLAシューティングブレークの代役に指名!?

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集