ホンダ フィット、米国で2019年型…最新のホンダ・センシング採用

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ・フィットの2019年モデル
  • ホンダ・フィットの2019年モデル
  • ホンダ・フィットの2019年モデル
  • ホンダ・フィットの2019年モデル
  • ホンダ・フィットの2019年モデル
  • ホンダ・フィットの2019年モデル
  • ホンダ・フィットの2019年モデル
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは4月30日、『フィット』の2019年モデルを米国市場で発売した。

2019年モデルには、最新の「ホンダ・センシング」を採用。ホンダ・センシングは、ホンダの先進運転支援システム(ADAS)の総称。アメリカンホンダは、ホンダ・センシングの米国での普及に力を入れている。

ホンダ・センシングには、衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)、歩行者検知が可能な前方衝突警告(FCW)、アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシスト(LKAS)、路外逸脱抑制機能(RDM)、車線逸脱警告(LDW)などが含まれている。

フィットの2019年では、リアビューカメラを標準装備。さらに、ホンダ・センシング装着車には、オートハイビームが追加されるなど、装備の充実が図られた。

アメリカンホンダは、ホンダ・センシングを装着するフィットのベースグレード、「LX」の価格を、1万8000ドルを切る1万7990ドル(約196万円)に設定。このような先進運転支援システムを、最も手頃な価格で提供している新車のひとつ、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集