ジェネシスのハイパーEV、市販化の可能性高まる…「バタフライドア」採用か

4月に開催されていたニューヨークモーターショーで、韓国ヒュンダイの高級車ブランド「ジェネシス」が初公開したハイパーEV、『エッセンティア』が、市販化へ向け調整に入っている可能性が高いことが分かった。

自動車 ニューモデル 新型車
ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
  • ジェネシス エッセンティア
4月に開催されていたニューヨークモーターショーで、韓国ヒュンダイの高級車ブランド「ジェネシス」が初公開したハイパーEV、『エッセンティア』が、市販化へ向け調整に入っている可能性が高いことが分かった。

発表直後、量販化は無いと伝えられていたが、一転ジェネシスCEOのマンフレッド・フィッツジェラルド氏が市販化をプッシュしているという。フィッツジェラルド氏と言えば、同ブランド立ち上げ時に、ランボルギーニから引き抜かれた敏腕ディレクターだけに、発売の可能性は高いと見られる。

「エッセンティア」は、ヒュンダイとキアのディレクター、ピーター・シュライヤー氏により設計され、カーボンファイバーモノコックを採用した新開発EVプラットフォームを基盤としている。極薄ヘッドライトにアグレッシブなフロントエンドを持ち、ガラスルーフ、ガルウィングを採用。アストンマーティンを彷彿させる流れるようなボディラインを特徴としている。市販モデルにこのデザインがどこまで反映されるか注目されるが、シュライヤー氏はバタフライドアの採用を示唆していると言う。

EVスペックの詳細は明かされていないが、高性能バッテリーにより、最高出力1000psレベルのハイパワーと0-100km/h加速は2.9秒のパフォーマンスが予想される。

順調に開発が進めば、2019年に市販モデルを発表、2020年の発売となりそうだ。

バタフライドアも採用...1000馬力のハイパーEVが韓国から発売の噂!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集