大型車のスペアタイヤの定期点検を義務付けへ 国交省

自動車 テクノロジー 安全
(イメージ)
  • (イメージ)
国土交通省は、大型トラック・バスのスペアタイヤの定期点検を義務付けるよう制度を改正する。また、大型自動車の使用者に選任が義務付けられている整備管理者に、定期的な研修を受講させることを運送事業者に義務づける。

昨年10月、道路上に落下していたスペアタイヤに起因する死亡事故が発生したが、現行の制度にはスペアタイヤに関することは点検基準に定めがなく、点検が義務づけられていない。今回、スペアタイヤに関することを点検基準に追加して点検を義務づける。

具体的には点検基準を改正し、車両総重量8トン以上または乗車定員30人以上の大型自動車のスペアタイヤとその取付装置の状態を、事業用自動車の定期点検の基準を、3カ月ごとに行う点検項目に追加する。点検の内容はスペアタイヤ取付装置の緩み、がた及び損傷や、スペアタイヤの取付状態、ツールボックスの取付部の緩み及び損傷。点検整備手引も改正し、スペアタイヤの取付装置の緩み、がた、損傷がないかの点検などを加える。

さらに、旅客自動車運送事業運輸規則、貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正し、地方運輸局長が行う整備管理者向け研修の受講を義務付ける。対象は新たに整備管理者となった者、研修受講後一定期間を経過した整備管理者。整備管理者と同様に自動車の整備に携わる者である整備主任者、自動車検査員の研修に関しても研修の受講を義務付ける。

5月に公布して10月1日に施行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集