アキュラ RDX 新型、VTECターボ+10速AT…ニューヨークモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
アキュラ RDX 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • アキュラ RDX 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • アキュラ RDX 新型
  • アキュラ RDX 新型
  • アキュラ RDX 新型
  • アキュラ RDX 新型
  • アキュラ RDX 新型
  • アキュラ RDX 新型
  • アキュラ RDX 新型
ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは3月28日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018において、新型アキュラ『RDX』の市販モデルを初公開した。

初代RDXは2006年1月、デトロイトモーターショー2006で発表。米国では小型プレミアムCUV(クロスオーバー・ユーティリティー・ビークル)に分類され、BMW『X3』などと競合する。2代目となる現行型は2012年2月、シカゴモーターショー2012で発表。初代に対して、ホイールベースを延長し、トレッドを拡大。さらに、重心高を下げることで、ハンドリング性能や乗り心地を引き上げた。

アキュラは2018年1月、デトロイトモーターショー2018において、新型RDXのプロトタイプを初公開。それから2か月を経たニューヨークモーターショー2018において、新型RDXの市販モデルがワールドプレミアを飾った。

新型RDXは3世代目モデル。新開発のプラットフォームと、最新のアキュラのデザイン言語「アキュラ プレシジョン コンセプト」や、「アキュラ プレシジョン コックピット」を導入する。

新型RDXのパワートレーンは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」エンジン。最大出力272hp、最大トルク38.7kgmを発生する。先代RDXの3.5リットルV型6気筒ガソリン自然吸気エンジンに対して、3.8kgmトルクが向上。トランスミッションは、セグメント初の10速ATを搭載している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集