リカちゃんラッピングバス出発進行---アナウンスもリカちゃん

自動車 ビジネス 国内マーケット
リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”
  • リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”とリカちゃん
東京の葛飾区で17日、リカちゃんラッピングバス“リカの好きなまちかつしか”が路線バスで運行を開始、同日、葛飾区役所前のバスロータリーで運行開始記念式典が開催された。『リカちゃん』は2017年に誕生50周年を迎えたタカラトミーの着せ替え人形。

バスは京成バスが運行し、葛飾区を南北に走る亀有駅~新小岩駅の新小53系統に投入される。リカちゃんがもつ「かわいい」「華やか」「おしゃれ」なイメージを生かしたデザインを意図したという。ピンク基調と紫基調の2種類のデザインで1台ずつが用意された。

また、リカちゃんは、バス車内で流れるアナウンスの一部を行なっている。京成バスの齋藤隆代表取締役社長は「ラッピングだけではなく、もっとリカちゃんバスらしくしたいと思った。運転手にリカちゃんのコスプレをさせるアイデアも出たが、さすがにはじけすぎなので、車内放送の一部にリカちゃんの声を使うことにした」という。リカちゃん本人によるとバスの車内アナウンスは初めてだそうだ。

新小53系統は葛飾区を南北に走る全長約8.6kmで、タカラトミー本社や区役所の近くも通り、平日朝昼は区役所前まで乗り入れる。毎時4本運行し、平日の朝夕は亀有駅~葛飾区役所間で若干本数が増える。新小53系統では8台のバスが運用されているそうなので、台数ベースの確率では1時間待てばリカちゃんラッピングバスに乗れる。

葛飾区と同区に本社を置くタカラトミーは2017年7月に連携・協力を進めるための協定を締結、「リカちゃん出生届」などいつくつかの事業を進めており、リカちゃんラッピングバスもその事業の一つ。葛飾区の青木克徳区長「地域が元気になるように、故郷であるものづくりの街、葛飾をアピールしたい」という。

なお、葛飾区内ですでに運行を開始しているキャラクターデザインのラッピングバスは、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、「キャプテン翼」、「モンチッチ」がある。

さらにタカラトミーのグループ会社、トミーテックでは、リカちゃんラッピングバスを「THE バスコレクション」から全長6.5cmのミニカーとして商品化、7月に発売予定だ。予価1600円(税抜き)。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • リカちゃん50周年記念パーティー開催…いつもそばにいてくれた 画像 リカちゃん50周年記念パーティー開催…いつもそばにいてくれた
  • 【東京おもちゃショー2017】ウーモやシルバニア、リカちゃんを見てきたよ 画像 【東京おもちゃショー2017】ウーモやシルバニア、リカちゃんを見てきたよ
  • 【東京モーターショー2017】トミカ、今回もオリジナルモデルを先行販売 画像 【東京モーターショー2017】トミカ、今回もオリジナルモデルを先行販売
  • タミヤ、フェラーリSF70H 1/20スケールモデルを発売…2017年F1開幕戦仕様 画像 タミヤ、フェラーリSF70H 1/20スケールモデルを発売…2017年F1開幕戦仕様

特集