【ホンダ ヴェゼル 試乗】納得の実用性と、安全支援機能の確かさ…島崎七生人

試乗記 国産車
ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
  • ホンダ ヴェゼル HYBRID Z Honda SENSING 4WD
2013年12月の登場以来、今年1月までに累計31.1万台を販売したという『ヴェゼル』。今年2月にマイナーチェンジを受け、外観では直列のLEDヘッドランプが採用されるなどした。

が、肉眼ではわからないほど(!)のルックスの“変化感”の小ささは、このクルマの人気ぶりの裏付け、なのだろう。試乗車は新色のオーロラアメジスト・メタリックで、この色もまたヴェゼルならではのシックな大人の世界観を表現しており、似合っていると思えた。

試乗車のインテリアには、オプションの本革シートが装着されていた。表皮のレザーがほどよい厚みのあるもので、変則ダイヤ柄のパターンと相まって上級車のような風合いが味わえる。電動調整機能も備えるが、高さ調整が座面の前後個別にできるのがいい。この本革シートは3万7800円の追加とはなるが、犬などペットを乗せるご家庭では、ファブリックよりも抜け毛の掃除がしやすいメリットもある。

いっぽうで後席は、外観から想像される以上のゆとりのある居住スペースが確保されている。さらにダイブダウンさせると着座状態の座面より低く畳まれる設計だから、たっぷりと荷物を積み込みたいユーザーのはありがたい。

乗り味は、試乗車が下ろしたばかり、1000kmプラス程度の新車だったせいか、乗り始めこそ足回り全体に渋さを感じたものの、距離を伸ばすに連れ、安定感はそのまま明らかにしなやかさが増すのを実感した。今回の試乗では山岳エリアの国道も流したが、Honda SENSINGの前走車追従、車間距離保持、車線維持、ブレーキングなどの支援が、連携しながら自然に機能してくれること、安心感が高いことも確認できた。

1.5リットルガソリンエンジン+モーターのハイブリッドと4WDによる走りは、1390kgの車重に対しまったく不満を感じずに済むものに思えた。何よりコンパクトなボディが扱いやすく、実用的なクルマだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集