充電スポット検索も、三菱コネクトが3種類のアプリを欧州発表…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
三菱自動車の運転診断アプリ「Drive scoring app」(ジュネーブモーターショー2018)
  • 三菱自動車の運転診断アプリ「Drive scoring app」(ジュネーブモーターショー2018)
  • 三菱自動車の運転診断アプリ「Drive scoring app」(ジュネーブモーターショー2018)
  • 三菱自動車(ジュネーブモーターショー2018)
  • 三菱自動車の充電スポット検索アプリ「EV Charging Station Finder app」
  • 三菱自動車の運転診断アプリ「Drive scoring app」
  • 三菱 e-エヴォリューションコンセプト(ジュネーブモーターショー2018)
三菱自動車は3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、「三菱コネクト」の3種類のアプリを欧州初公開した。

3種類のアプリは、三菱コネクトの「Android Auto」対応オリジナルアプリ、充電スポット検索アプリの「EV Charging Station Finder app」、運転診断アプリの「Drive scoring app」となる。

充電スポット検索アプリのEV Charging Station Finder appは、最新の情報に基づき、現在地や目的地近辺の充電スポットを検索。さらに、充電スポットの満空情報や充電プラグの形状、営業時間などの詳細情報を確認できる。「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」に接続すれば、SDA画面上での検索や確認ができ、検索した充電スポットを「Googleマップ」と共有し、ルート案内の目的地に設定することも可能。

運転診断アプリは、車両とスマートフォンをUSBケーブルで接続。GPS、運転距離、加減速、運転時間など、約30項目の運転状況をモニタリングする。それらのデータと地図情報、気象データを総合的に分析し、ドライバーの運転傾向を検出。安全運転につながるアドバイスを行う、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集