ランボルギーニ ウラカン、スパイダー にも640hpの「ペルフォマンテ」設定…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー(ジュネーブモーターショー2018)
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー(ジュネーブモーターショー2018)
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー(ジュネーブモーターショー2018)
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー
  • ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー
ランボルギーニは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、『ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダー』を発表した。

「ウラカン・ペルフォマンテ」は、ランボルギーニの主力車種、「ウラカン」の軽量高性能モデル。クーペボディに続いて、ジュネーブモーターショー2018では、オープンボディの「スパイダー」にも「ペルフォマンテ」が設定された。

ウラカン・ペルフォマンテ・スパイダーでは、ベース車両の「ウラカン・スパイダー」に対して、カーボンファイバーによる35kgの軽量化を達成。乾燥重量は1507kgとした。大型リアウイングなどの専用エアロパーツでエアロダイナミクス性能を向上させ、サーキットで本領を発揮するモデルに仕上げる。

「ウラカンLP 610-4」グレードの直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジン(最大出力610hp、最大トルク57.1kgm)は、パワーアップ。最大出力はプラス30hpの640hp/8000rpm、最大トルクはプラス4.1kgmの61.2kgm/6500rpmを引き出す。0~100km/h加速3.1秒、最高速325km/hという性能を実現した。

軽量設計の電動油圧式ソフトトップは、17秒で開閉できる。走行中でも50km/h以下なら、開閉可能、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • マクラーレン セナ の性能公表…0-100km/hが2.8秒、最高速は340km/h 画像 マクラーレン セナ の性能公表…0-100km/hが2.8秒、最高速は340km/h
  • 【フェラーリ ポルトフィーノ 海外試乗】12気筒2シーターを買わずとも、モダンフェラーリを味わえる…西川淳 画像 【フェラーリ ポルトフィーノ 海外試乗】12気筒2シーターを買わずとも、モダンフェラーリを味わえる…西川淳
  • ランボルギーニ ウルス 日本初公開…CEO「新しいランボルギーニの時代が始まる」 画像 ランボルギーニ ウルス 日本初公開…CEO「新しいランボルギーニの時代が始まる」
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース