トヨタ アイゴ 改良新型に「エコ」、燃費は25.6km/リットル…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・アイゴ改良新型
  • トヨタ・アイゴ改良新型
トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは、3月6日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー2018で初公開する改良新型『アイゴ』に、「エコ」を設定すると発表した。

現行アイゴは2014年3月、ジュネーブモーターショー2014で発表。アイゴは欧州Aセグメントに属し、トヨタの欧州における入門モデルの役割を担うコンパクトカー。トヨタとPSAプジョーシトロエンが共同開発。プジョー版は『108』、シトロエンは『C1』を名乗る。

ジュネーブモーターショー2018で初公開される予定なのが、改良新型『アイゴ・エコ』。通常モデルに対して、燃費性能を引き上げる変更を施しているのが特徴。

その内容は、低転がり抵抗タイヤやアイドリングストップの採用、エアロダイナミクス性能の向上など。MTの4速と5速ギアは、専用レシオ化された。

これらの変更によって、欧州複合モード燃費25.6km/リットル、CO2排出量86g/kmの優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集