トヨタ/デンソー/アイシン、都内に新会社設立 自動運転技術の開発促進

自動車 ビジネス 企業動向
(イメージ)
  • (イメージ)
トヨタ自動車は、自動運転技術の先行開発分野での技術開発促進を目的に、新会社「トヨタリサーチインスティテュート アドバンスド デベロップメント(TRI-AD)」を3月下旬までに、東京に設立すると発表した。

新会社のCEOには、米国のAI技術開発拠点トヨタリサーチインスティテュート(TRI)の最高技術責任者(CTO)を務めるジェームス・カフナー氏が就任する。新会社では、新規採用に加え、トヨタ、TRI、アイシン、デンソーのメンバーも含めて、1000名規模の体制とする計画。新会社の活動拠点は現在、選定中だが、英語を社内公用語にすることも含め、仕事の進め方や社内ルールなども新たに構築し、次世代の1つのモデルケースとすることを目指している。

現在、自動車業界は大きな変革期にあり、中でも自動運転では、Lidarのような新たなセンシングデバイス、ディープラーニング技術を用いた画期的な認識、判断性能の向上など、幅広く新しい技術に取り組んで行くことが求められている。特にソフトウェアやデータハンドリング技術の重要性はますます高まっている。そのような環境変化に対応すべく、トヨタは2016年にTRIを北米に設立。AI、自動運転、ロボティクスといった技術の研究を行ってきた。そして今回、さらなる競争力強化を目指し、新会社を設立する。

新会社では、研究から開発まで一気通貫のソフトウェア開発およびデータハンドリング技術の強化、TRIとの連携強化による研究成果の先行開発・製品への反映、トヨタグループ内での研究・先行開発領域における開発スピードアップ、トヨタグループ内の知能化人材の育成などの実現を目指す。

今回、トヨタおよびアイシン、デンソーは、自動運転技術の先行開発分野における共同技術開発に向けた覚書を締結。3社それぞれが新会社に開発投資を実施することを予定しており、約3000億円以上の投資を実行することを想定。今後3社は、具体的な共同開発契約の締結を目指して、協議を進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ボルボカーズ、スタートアップ向け投資ファンド設立…電動化や自動運転の技術開発を支援 画像 ボルボカーズ、スタートアップ向け投資ファンド設立…電動化や自動運転の技術開発を支援
  • ルノー日産三菱、機能統合を加速…Aセグ車台開発やデジタル化を推進 画像 ルノー日産三菱、機能統合を加速…Aセグ車台開発やデジタル化を推進
  • 「コンパクトなAI技術を推進」三菱電機柵山社長 画像 「コンパクトなAI技術を推進」三菱電機柵山社長
  • トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続 画像 トヨタ、自動運転の研究開発を促進…米非営利団体への支援継続

特集