ハイブリッドも登場!レンジローバー イヴォーク 次期型の走り[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
ランドローバー  レンジローバー イヴォーク スクープ動画
  • ランドローバー  レンジローバー イヴォーク スクープ動画
  • ランドローバー  レンジローバー イヴォーク スクープ動画
  • ランドローバー  レンジローバー イヴォーク スクープ動画
  • ランドローバー  レンジローバー イヴォーク スクープ動画
  • ランドローバー  レンジローバー イヴォーク スクープ動画
ランドローバーの大ヒット・クロスオーバーSUV、『レンジローバー イヴォーク』次期型プロトタイプが、ウィンターテストの為、身も凍るフィンランド北部を訪れている。

今回はガソリン給油シーン、ドアの開閉、ブレーキランプ点灯などの動画を撮影することに成功した。カメラマンの情報によれば、複数台の「イヴォーク」が集団でテストをしており、その半数以上の開発車両はランドローバー初のマイルドハイブリッドモデルの可能性が高かったという。

「イヴォーク」は、発売から6年経過した2017年も年間販売台数が10万台を下回らないという人気を誇るモデルだが、このマイルドHV化により、その地位を不動のものにするはずだ。カモフラージュされたフロントマスクは、現行モデルより上下に幅を持たせたラジエーターグリルにスポーティなデザインのエアダクトを装備している。生産型では「ヴェラール」とイメージを共通するフロントマスクになることが予想される。

パワートレインの目玉となるのは、新開発1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジン+電気モーターの48Vマイルドハイブリッドシステムだ。その他、最高出力148psと237psを発揮する2リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン、最高出力237psと296psを発揮する2リットル直列4気筒ガソリンエンジンなどがラインアップされるだろう。

次期型では、30mm程度ホイールベースが延長されると思われ、乗り心地や快適性が向上する。動画でのゆっくりとした走りからは「ミニレンジローバー」の風格さえ伝わるようだ。

ワールドプレミアは、2018年10月以降が有力だ。

【動画】ランドローバー初のマイルドHVが走った!イヴォーク次期型、ビデオで撮影

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集