アルファロメオ、2車種の新型SUVを開発中か…最上級は「カステロ」

自動車 ニューモデル 新型車
アルファロメオ カステロ 予想CG。カステロは3列7シートSUVと予想
  • アルファロメオ カステロ 予想CG。カステロは3列7シートSUVと予想
  • アルファロメオ カマル 予想CG。こちらはエントリーSUVとなる
  • アルファロメオ ステルヴィオ(参考画像)
  • アルファロメオ ステルヴィオ(参考画像)
アルファロメオのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『カステロ』(仮称)が2020年にも発売される可能性があることが分かった。

アルファロメオは、ブランド初のSUVとなる『ステルビオ』を2016年に発表し、2018年にも日本導入が決定している。さらに、新たに2車種の開発が進められていると言う。

1台はステルビオの下に位置するコンパクトSUV『カマル』(仮称)で、もう1台が最上位に位置するカステロだ。共にステルビオから流用される「ジョルジオ」プラットフォームを採用し、カステロは3列7人乗りレイアウトのフルサイズSUVとなることが予想されている。

パワートレインは、直列4気筒エンジン、及びV型6気筒エンジンを搭載し、ベースモデルの最高出力は330ps程度となる。頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」は最高出力550ps以上が予想される。

ワールドプレミアは、カマルが2019年、カステロが2020年と見られている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集