札幌市が地下鉄・市電を平日利用できる1日乗車券を発売 11月1日から

鉄道 行政
市営地下鉄用の1日乗車券と市電用の1日乗車券がセットになった、市営交通90周年記念の1日乗車券。
  • 市営地下鉄用の1日乗車券と市電用の1日乗車券がセットになった、市営交通90周年記念の1日乗車券。
札幌市交通局は、11月1日から市営交通90周年を記念した1日乗車券を発売する。

現在、札幌市の1日乗車券は、市営地下鉄用の「地下鉄専用1日乗車券」「ドニチカキップ」、市電用の「どサンこパス」が発売されているが、平日も利用できるものは「地下鉄専用1日乗車券」のみだった。

今回発売される1日乗車券は、市営地下鉄と市電の両方が平日も利用できるもので、発売額は大人900円・子供450円。

2018年3月31日まで大人用が4万5000セット、子供用が5000セット発売されるが、売り切れ次第、発売終了となる。1人10セットまで購入でき、もいわ山ロープウェイの往復運賃が大人で1700円から1360円に、子供で850円から680円に割引になる特典も付く。

発売箇所は市営地下鉄各駅の窓口、各定期券発売所、札幌市交通事業振興公社営業部窓口サービス課(市営地下鉄大通駅西側コンコース内)。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集