岡山電軌など交通4社、ICカード全国対応に 10月1日から

鉄道 企業動向
岡山県内の交通4社は10月から交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。写真は岡電の路面電車。
  • 岡山県内の交通4社は10月から交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。写真は岡電の路面電車。
  • 岡山県内の交通4社は10月から交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。写真は両備バス(左)と岡電バス(右)。
岡山県内の路面電車・路線バスを運営する4社は10月1日から、交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。現在利用できる「Hareca」「PiTaPa」「ICOCA」の3種類に加え、新たに「Suica」「PASMO」など8種類のICカードが使えるようになる。

全国相互利用サービスの対象路線は、スルッとKANSAI協議会に加盟している両備ホールディングス(両備バス)・岡山電気軌道(岡電)・中鉄バス・下津井電鉄(下電)が運営している路面電車と路線バス。貸切バスや高速バスなどは対象外だ。

岡電は路面電車と路線バスが全路線で対応し、両備バスと下電も路線バス全路線で対応する。中鉄バスは岡電バスとの共同運行路線のみ対応する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集