【日産 リーフ 新型】日立オートモティブのADAS ECU、プロパイロットなどを支援

自動車 テクノロジー 安全
新型日産リーフ
  • 新型日産リーフ
  • ADAS ECU
日立オートモティブシステムズは、同社のADAS ECU(先進運転支援システム電子制御ユニット)が、9月にフルモデルチェンジした日産自動車の新型『リーフ』に採用されたと発表した。

ADAS ECUは、ACC(車間距離制御)システムや衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システムなど、複数の運転支援システムを単一のコントローラーに統合したADASの中核製品。日立オートモティブシステムズのADAS ECUは、2009年に発売された日産『フーガ』に初搭載されて以降、量産実績を重ねており、リーフには2015年から採用されている。

新型リーフは、高速道路における渋滞走行と長時間巡航で、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御する高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」と、駐車操作のすべてを自動制御する国産車初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」を採用。日立オートモティブシステムズはそれらの機能をADAS ECUで支援している。

プロパイロット搭載車種への同社製ADAS ECUの採用は、2016年8月にフルモデルチェンジした『セレナ』、2017年6月にマイナーチェンジした『エクストレイル』に続き3車種目となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集