愛知県、初の遠隔型自動運転の実証実験を刈谷ハイウェイオアシスで実施へ

自動車 テクノロジー 安全
アイサンテクノロジーが愛知県内で自動運転「レベル3」の実証実験を行ってきたエスティマ(参考画像)
  • アイサンテクノロジーが愛知県内で自動運転「レベル3」の実証実験を行ってきたエスティマ(参考画像)
愛知県は、刈谷ハイウェイオアシス内の管理道路(閉鎖空間)にて、初の遠隔型自動運転システムによる実証実験を10月3日に実施すると発表した。

愛知県は今年度、最新の技術開発動向を踏まえ、国の規制緩和の動きに連動した最先端の遠隔型自動運転システムを含む実証実験を、県内10市町の協力の下、アイサンテクノロジーに事業委託して実施している。

今回の遠隔型自動運転システムによる実証実験は、刈谷ハイウェイオアシスバス停から第4駐車場までの約0.5kmを使用。往路のみ、ハンドル、アクセル、ブレーキを自動的に制御し、遠隔監視により、出発地から目的地まで自動運転を行う。万一、衝突などの危険を察知した場合には、遠隔監視者等が緊急停止の措置を講じる。

なお、当日は大村秀章愛知県知事の試乗も予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集