マクラーレン、「グランツーリスモスポーツ」向けに軽量スポーツを発表…ビジョンGT

モータースポーツ/エンタメ ゲーム
マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ
  • マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ
  • マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ
  • マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ
  • マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ
  • マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ
  • マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ
英国のマクラーレンオートモーティブは9月20日、PS4ゲームソフト「グランツーリスモスポーツ」向けに、マクラーレン『アルティメット・ビジョン・グランツーリスモ』を発表した。

「ビジョン・グランツーリスモ」のラインナップに加わる新たな1台として、マクラーレンが、2030年以降を見据えて開発したのが、アルティメット・ビジョン・グランツーリスモだ。マクラーレンが培ってきた「ドライバーがすべてに優先する」という理念の延長線上に位置している。

キャビンは、ドライバーをうつぶせ姿勢で包み込むスタイル。その結果、極端なキャビンフォワードを実現するとともに、ドライバーがコーナーの頂点を把握しやすいよう配慮した。ドライバーを覆うティアドロップ型のキャノピーは、マクラーレンの市販車に共通するデザインで、良好な視界を確保する。

空力性能に関しては、ボディ自体が高いエアロダイナミクスを生み出すよう設計。コーナリング時には、エアインレット開口部周辺のカバーを開くことでドラッグを生み出し、ダウンフォースを稼ぐ。車体などには、カーボンファイバーを使用。車両重量は1000kgに抑えられる、という設定だ。

キャビンの背後にレイアウトされるのは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン。このエンジンが後輪を駆動し、前輪は高出力の電気モーターが駆動するハイブリッド。システム全体で1150psのパワーということになっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集