ZMP、研究開発用移動台車プラットフォームの受注開始…PCからの遠隔操作も可能

自動車 ビジネス 国内マーケット
ZMPの研究開発用移動台車プラットフォーム「パワーホイールII」
  • ZMPの研究開発用移動台車プラットフォーム「パワーホイールII」
ZMPは、コンピュータ制御可能な研究開発用移動台車プラットフォーム「パワーホイールII」の受注を開始した。

パワーホイールIIは高出力モータを搭載した独立2輪駆動方式の6輪(中央部駆動輪×2、自在輪×4)台車で、大容量リチウムイオン電池により8時間の走行が可能。積載スペースは幅650mm×奥行950mm、最大積載重量は100kgで、さまざまな実験機材が搭載できる。

標準センサとして、高精度ロータリエンコーダや慣性センサ、測距センサを搭載、オプションとして、レーザーセンサやステレオカメラ・単眼カメラなども用意する。また制御用PCとしてLinux PCを搭載し、外部PC(オプション)からの遠隔操作にも対応。ソフトウェア開発環境(SDK)として、各種センサ情報の取得、モータ駆動、通信(WiFi)などのライブラリとサンプルプログラムが付属し、自由にアプリケーションを開発できる。

近年、少子高齢化に伴う労働力人口の減少、eコマース拡大による配送の効率化への対応など、物流や製造現場において、自動搬送・無人搬送や移動ロボットへのニーズが高まっている。ZMPでは、コンピュータ制御可能な研究開発用実験車両「RoboCar 1/10」に続き、作業員に自動で追従する物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」を販売。物流会社や製造業の工場での運搬作業で活用されている。

新製品は、これらの知見を活かし、様々な実験機材を搭載し長時間の実験が可能な自動搬送・移動ロボットの研究開発プラットフォームとして開発。物流倉庫や工場内の次世代自動搬送機の研究開発、自律移動台車・移動ロボットを用いた新たなサービスの研究開発など、汎用的な移動台車ロボットプラットフォームとして活用できる。

価格(税別)は300万円。2017年12月より出荷開始の予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集