BMW M5 新型、カーボン製ルーフ採用へ…歴代モデルで初

自動車 ニューモデル 新型車
BMW M5 新型のカーボン製ルーフ
  • BMW M5 新型のカーボン製ルーフ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
BMWの高性能車部門、BMW Mは8月18日、新型『M5』にカーボンファイバー製ルーフを採用することを明らかにした。

カーボンファイバー製ルーフはこれまで、BMW Mの一部モデルに採用されてきた。M5の市販モデルへのカーボンファイバー製ルーフの導入は、新型が歴代M5で初となる。

カーボンファイバー製ルーフは、軽量化が目的。車両の重心高を引き下げる効果も狙っている。

なお、新型M5には、新開発の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンに4WDの「M xDrive」を組み合わせる。カーボンファイバー製ルーフの採用で、さらなる運動性能の向上が見込まれる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集