54年振り復活の独ボルクヴァルト、第3弾はスーパーカーか

自動車 ニューモデル 新型車

ボルクヴァルト 新型スポーツカー 予告画像
  • ボルクヴァルト 新型スポーツカー 予告画像
  • ボルクヴァルト BX7
  • ボルクヴァルト イザベラ
元ドイツの車メーカー、「ボルクヴァルト」が新たなスポーツカーを予告するティザーショットを初公開した。

1920年に誕生したボルクヴァルトは、1961年に経営破綻していたが、2015年中国資本により54年振りに復活、3月のジュネーブモーターショーでクロスオーバーSUV、『BX7』を発表した。その後2016年にはコンパクト・プラグインハイブリッドSUV『BX5』が登場し、活動が活発になっている。

そして2017年、またも大きな動きを見せるようだ。公開されたティザーショットには、ロー&ワイドなボディに湾曲したボンネットが写っており、スーパーカーフォルムが見て取れる。

ワールデビューは9月のフランクフルトモーターショーが有力で、1954年から1961年に販売され、同社で最も成功したモデルである『イザベラ』の現代版を予感させる。

復活ボルクヴァルトの工場は、2018年のドイツ・ブレーメンに開業予定で、年間5万台の生産能力を持つという。

54年振り大復活の「ボルクヴァルト」、今度はスーパーカーか!?

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集