トキ鉄「雪月花」JR東日本の路線に初乗入れ 11月23日

鉄道 企業動向
「えちごトキめきリゾート雪月花」のイメージ。11月に初めてJR東日本の路線に乗り入れる。
  • 「えちごトキめきリゾート雪月花」のイメージ。11月に初めてJR東日本の路線に乗り入れる。
  • 「雪月花」は日本海ひすいラインで運用されているET122形(写真)をベースに製造された。
えちごトキめき鉄道(トキ鉄)とJR東日本新潟支社は11月23日、トキ鉄のET122形1000番台気動車「えちごトキめきリゾート雪月花」を上越妙高(新潟県上越市)~新潟(新潟市)間で運行する。「雪月花」が新潟支社のJR線に乗り入れるのは、これが初めてになる。

信越本線の直江津~北条間と東三条~沼垂間の開業120周年を記念して運行するもの。運行時刻は上越妙高12時14分発~新潟15時27分着の予定だ。旅行商品専用列車として運行されるため、通常の切符では乗車できない。旅行代金は上越妙高発で大人1万5500円・子供1万2300円。「雪月花」車内での食事が付く。旅行商品の発売日などは後日案内される。

「雪月花」は、トキ鉄が日本海ひすいラインの普通列車で運用しているET122形気動車をベースに製造された、2両編成の観光車両。2016年4月からトキ鉄の日本海ひすいライン・妙高はねうまラインで運用されているが、あいの風とやま鉄道線の泊駅まで乗り入れたことがあるほか、それ以外の他社路線への乗入れについても検討されてきた。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集