プジョーにも4ドアクーペ登場か…508 次期型、大幅イメチェン

自動車 ニューモデル 新型車

プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
  • プジョー 508 セダン スクープ写真
プジョーの最上級サルーン、「508」次期型プロトタイプを初めてSpyder7のカメラが捉えた。

カモフラージュでディテールは隠されているが、現行モデルのノッチバックスタイルから一変、アウディ「A7」を彷彿させる「ファストバック・クーペ」シルエットに、カメラマンも衝撃を受けたという。

またプラットフォームにはPSAの「EMP2」を使用し、ホイールベースを延長、トレッドも拡大され、CセグメントからDセグメントへ移行されるとレポートされている。

フロントマスクにはBMWキドニーグリル風カモフラージュが施されているが、情報によれば2014年の北京モーターショーでワールドプレミアされた、プジョー「EXALT」コンセプトからインスピレーションを得たデザインが採用される可能性が高いようだ。

技術面では、ハンズフリーステアリングなど最新のドライバー・アシストシステムが採用されるはずだ。

パワートレインは、1.5リットル直列4気筒エンジン、及び2リットル直列4気筒エンジンの他、プラグインハイブリッドモデルも投入されるだろう。

ワールドプレミアは、2018年秋が有力とされている。

プジョー508セダン次期型、衝撃のファストバック姿をスクープ!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集