アルファロメオ最小SUVの名は「カマル」…2020年発売か

自動車 ニューモデル 新型車

アルファロメオ カマル 予想CG
  • アルファロメオ カマル 予想CG
  • アルファロメオ カマル コンセプト(参考画像)
アルファロメオは、「ステルヴィオ」に続くクロスオーバーSUV第二弾、「Kamal」(カマル)の発売を、2020年にも計画していることが分かった。

「カマル」は、2003年のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルとして公開されており、2016年には「Kamal」の商標登録が完了したと見られている。

「ジュリア」や「ステルヴィオ」から流用される「ジョルジオ」プラットフォームを採用し、フロントエンドもこの2台の意匠を継承するものとなるようだ。

また、スタイリングも「ステルヴィオ」同様に、クーペSUVになるとレポートされている。

パワートレインは、最高出力250psを発揮する1.8リットル直列4気筒DOHCエンジンの搭載が予想されている。

「ステルヴィオ」は、日本での発売価格がエントリーモデルで600万円から700万円と予想されており、爆発的に売れる価格帯ではなく、日本で人気の高い400万円から500万円のコンパクトSUVを是非ラインナップしたいところだろう。

プレミアムコンパクトSUV市場は、国産ではレクサス「NX」を始め、メルセデスベンツ「GLA」やBMW「X1」、ボルボの参入も迫っている激アツ市場だが、新規参入の「カマル」がどこまで迫れるか注目したい。

市場激化!アルファロメオ最小クロスオーバーSUV「カマル」、2020年にも発売か!?

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集