ポルシェ 911 GT2 RS、新型スペック流出か…“ゴリラガラス”採用で軽量化

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT2 RS  スクープ写真
ポルシェ 911 GT2 RS新型の公式スペックと思われる情報が、複数の欧州メディアに流出した。

それによれば、パワートレインは7速PDKと組み合わされる、3.8リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は未確定ながら650ps程度を発揮、0-100km/h加速は2.9秒のパフォーマンスを持つという。

ウィンドゥには、スマホでお馴染み「ゴリラガラス」を採用し、1500kgへの軽量化に成功している他、「GT」モデルの新世代カテゴリーとなる、「ヴァイザッハ・パッケージ」を用意。チタンロールバー、カーボンファイバー製ルーフにより、更なる軽量化&ハイパフォーマンスを実現する。

また、新たに開発された「ウォータースプレー冷却インタークーラー」システムの採用も注目だ。

スクープされた最新のプロトタイプは偽装も軽く、エアロダイナミクス性能を最大限に活かすフロントスプリッター&エアインテーク、サイドスカート、ボンネットにはダブルエアインレット、大型リアウィングなど攻撃的なエクステリアが確認出来る。

ワールドプレミアは、2017年9月のフランクフルトモーターショーが有力で、ニュル最速へのチャレンジも期待される。
《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集