男児が乗用車にはねられ死亡、自転車用のカバーを被って遊ぶ?

自動車 社会 社会

5日午後5時55分ごろ、神奈川県横浜市港北区内の私道で、路上で遊んでいた9歳の男児に対し、進行してきた乗用車が衝突する事故が起きた。男児は収容先の病院で死亡。警察はクルマの運転者から事情を聞いている。

神奈川県警・港北署によると、現場は横浜市港北区師岡町付近で車線区別のない幅員約4.5mの緩やかなカーブ。9歳の男児は友人と一緒に自宅近くの路上で遊んでいたところ、進行してきた乗用車にはねられた。

男児は頭部や胸部などを強打。意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、回復することなく約2時間後に死亡した。クルマを運転していた同区内に在住する42歳の女性にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

男児は自転車用の布カバーを被って遊んでいたとみられており、聴取に対して女性は「何かにぶつかって、乗り上げる感触に気づいてクルマを止めたら路上に子供が倒れていた」、「それまでは子供の存在に気づかなかった」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集