「GT R グリル」どうなる、メルセデス AMG C63セダン をスクープ

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
  • メルセデス AMG C63 セダン スクープ写真
メルセデスベンツ「Cクラス」のハイパフォーマンスモデル、「AMG C63」クーペに続いて、4ドアセダン改良新型の初スクープに成功した。

プロトタイプには、ダミーのハロゲンライトが装着されているが、バンパーのエアインテークデザインが新しくなっていることが分かる。

注目は、完全にカモフラージュされているフロントグリルだ。通常メルセデスベンツ系改良新型のプロトタイプでは、グリルは露出しているケースが多く、完全に隠された擬装の下には、AMG GT Rのパナメリカーナグリルが採用される可能性がある。

既に「GLC63」、「GLC63クーペ」に採用されており、採用されれば、かなりアグレッシブなイメージに一新されるだろう。

室内では、インフォテインメント/ナビゲーションシステムのアップデートがされるはずだ。

パワートレインは、最高出力510psの4リットルV型8気筒エンジンがキャリーオーバーされる可能性が高く、新たなディーゼルエンジンのラインナップも期待されている。

アンヴェールは2017年内、遅れれば2018年3月のジュネーブモーターショーが有力だ。

パナメリカーナグリルは装着されるのか!? メルセデス AMG C63セダンを初スクープ

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集