発売決定のBMW i8ロードスター、ルーフにはまだまだ秘密が…

自動車 ニューモデル 新型車

BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
  • BMW i8ロードスター スクープ写真
2018年に発売することが正式発表となったBMWのPHEVオープンスポーツ、「i8 ロードスター」プロトタイプの接写に成功した。カモフラージュは、前回と変化はないようだが、新たな情報を入手した。

プロトタイプは、ルーフにソフトトップが見られるが、クローズアップで見ると、ルーフの取り付けに違和感がある。市販時にはカーボンファイバー製のハードトップが採用される可能性があるという。

そうなれば、現在開発最終段階を迎えている「Z5」や、「8シリーズ カブリオレ」のルーフ事情も気になるところだろう。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジンと、モーターを組み合わせたPHEVが予想される。

既に「i8 Fomula Eセーフティカー」のバッテリーパックを、7.1から10kWhにアップデートしており、「i8ロードスター」にも搭載されれば、最高出力は400psへ向上するはずだ。

発売は2018年と公表されているが、世界初公開は2017年内となる可能性がありそうだ。

ソフトトップ実はダミー!? BMW「i8ロードスター」、ルーフの秘密に迫る!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集