次期 シェルビー、搭載エンジンは750馬力のV8「コヨーテ」か

自動車 ニューモデル 新型車

フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
  • フォード シェルビー GT500 スクープ写真
フォードの2ドアクーペ、「マスタング」のハードコアモデル、「マスタング シェルビーGT500」次期型プロトタイプの本物ボディを、初めてSpyder7のカメラが捉えた。

これまで目撃されたミュールボディと異なり、全て次期型のパーツが採用されていると見られる。

タイヤには「305/30/ZR20」のレターが見られ、サーキット走行も可能な最新の高性能「ミシュランパイロットスポーツ4S」を履くと予想されている。「GT350」「GT350R」が19インチのため、よりアグレッシブなモデルであることが分かる。

パワートレインは、アップデートされた5.2リットルV型8気筒「ブードゥー」エンジンよりも、5リットルV型8気筒ツインターボ、通称「コヨーテ」エンジンを搭載する可能性が高いという。

最高出力は「ヘルキャット」や「ZL1」以上の750ps以上を発揮すると噂されており、ワールドプレミアは2018年1月のデトロイトモーターショーと予想される。

シェルビーGT500次期型、750馬力の史上最強V8「コヨーテ」搭載か!?

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集