かの名車「オペルGT」復活へ…86、ロードスターのライバルに?

自動車 ニューモデル 新型車

GT タルガレンダリングCG
  • GT タルガレンダリングCG
  • オペル GTコンセプト
  • オペルGT(1968年)
オペルが、2016年のジュネーブモーターショーで公開した「オペル GT」を2018年にも市販化する。さらにタルガトップモデルも投入される可能性が高いようだ。

初代「オペル GT」は、1968年から1973年まで発売された2シータースポーツクーペで、ベイビーコルベットとも言える美しいクーペラインを持っていた。

当時発売されていたタルガトップも、クーペのシルエットを継承したスタイリッシュなモデルだったが、今回エージェントから入手した予想レンダリングCGでも、ロングノーズで躍動感溢れるデザインとなっていることがわかる。

コンセプトモデルのパワートレインは、最高出力145ps、最大トルク205Nmを発揮する1リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載するとされていた。

日本車でライバルとなるのは、トヨタ「86」(欧州ではGT86)、マツダ「ロードスター」(同MX-5)だが、トルクでは同等、あるいは上回るものの、パワーでは引けを取る。

1000kg以下のライトウエイトスポーツになると思われるが、この復活する名車を世界に知らしめるには、これらを上回るパワーが必要となるはずで、市販型でハイスペックが実現するか注目したい。

タルガも復活!オペルGT次世代型はトヨタ86への刺客になれるのか!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集