まるでミニ四駆? イタリアのレース車設計屋が、本気で作った軽量スポーツ

自動車 ニューモデル 新型車

ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
  • ダラーラが開発する超軽量スポーツカー
イタリアのレーシングコンストラクター、「ダラーラ」が開発する、自社初の超軽量スポーツカーをSpyder7のカメラが初めて捉えた。

ダラーラは、F1、インディカーなどのレーシングカーのシャシーを手掛けている他、フェラーリ、マセラティを始め、ランボルギーニ「ウラカンGT3」、ブガッティ「ヴェイロン」など錚々たるブランドの設計に携わってきた。

短いノーズ、バブルキャノピーは、近年のスーパースポーツで見られる、流れるような美しいシルエットを作り出さない。

しかし、薄いピラーや大きなキャビンは抜群の視界を確保し、機能性を重視、デッキリッドに沿ったエアインテークは、ディフューザーを通して、素晴らしい冷却効果を果たすだろう。

パワートレインは、フォード製2.3リットル直列4気筒「Eco Boost」エンジンを搭載し、最大馬力は400psを発揮する。

車重は、同社が手がけたKTMの軽量スポーツ「X-BOW」の847kgを凌ぐ、800kgという超軽量モデルとなり、パフォーマンスが高い分、X-BOWより割高になるという。

年間生産台数は120台で、2018年から発売予定だ。

超スーパーカー達の血統...新型イタリアン軽量スポーツをスクープ!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集