アメリカンマッスルの代名詞「トランザム」復活…7.4リットルV8、1000馬力

自動車 ニューモデル 新型車

トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
  • トランザム455スーパーデューティー
ポンティアック・ファイヤーバードのハイエンドモデル、「トランザム」が7年振りにニューヨークモーターショーで復活を果たした。

トランザムと言えば、1977年に登場した角眼四灯、通称「イーグルマスク」を装備したモデルが有名だが、今回ニューヨークモーターショーで公開された「トランザム455スーパーデューティー」は、見事にその意匠を継承している。

シボレー「カマロ」をベースに、ボンネット、フェンダー、フェイシア、デッキリッド、リアスポイラーにカーボンファイバーを採用し、ミシュランパイロットスポーツタイヤを履いた20インチホイールを装備している。

パワートレインは、アップグレードされた7.4リットルLT1V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最大馬力は1000psを叩き出す。

限定生産50台で、5月1日より販売開始されるという。

トランザム復活!懐かしのイーグルマスク健在で1000馬力のマッスルカーへ!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集