アウディ最大SUV「Q8」は意外とコンサバ? コンセプトとの違いは

自動車 ニューモデル 新型車

アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
  • アウディQ8スクープ写真
アウディの新フラッグシップ・クロスオーバーSUV「Q8」市販型が、ほぼヌードの状態でニュルブルクリンク高速テストを開始した。

これまでより軽い偽装で走るプロトタイプは、アグレッシブなフロントエンドや、クーペルーフをコンセプトモデルから継承しているが、LEDストリップ・テールライトは採用されておらず、「Q7」に似たスクエアデザインの一部が確認出来る。1月のデトロイト、3月のジュネーブで公開されたコンセプトと比べると意外とコンサバな印象だ。

室内には、630L以上の大容量ラゲッジスペース、バーチャルコックピット、ヘッドアップディスプレイを搭載、ハイテクでは60km/h以下で作動する自動運転システム「トラフィック・ジャム・アシスト」の搭載も予定されている。

パワートレインは、3リットルV型6気筒エンジンやe-TRON PHEVをラインナップする。

またレポートでは、ハイパフォーマンスモデルとなる「SQ8」には、ランボルギーニのクロスオーバーSUV「ウルス」が搭載する、4リットルV型8気筒を流用し、兄弟モデルとなる可能性を示唆している。

ワールドプレミアは、早ければ2018年春が予想されている。

ランボルギーニ ウルスと兄弟の可能性!? アウディ「Q8」市販型、ニュルで爪を研ぐ!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集