日産 リーフ 次期型はバッテリー2倍で航続500kmへ…デザインもほぼ判明

自動車 ニューモデル 新型車

日産リーフスクープ写真
  • 日産リーフスクープ写真
  • 日産リーフスクープ写真
  • 日産リーフスクープ写真
  • 日産リーフスクープ写真
  • 日産リーフスクープ写真
  • 日産リーフスクープ写真
  • 日産リーフスクープ写真
日産のコンパクトEV「リーフ」次期型プロトタイプを、ついにSpyder7のカメラが捉えた。

2015年の東京モーターショーで公開された、「IDSコンセプト」からインスピレーションを得たエクステリアと噂されており、シャープに吊りあがったヘッドライト、Vモーショングリルやフロントバンパー形状など、現行モデルの可愛らしい印象から、アグレッシブなデザインへとイメージチェンジが図られる。

何と言っても次期型のハイライトは、大幅に改善される航続距離だろう。

現行モデルの30kWhバッテリーによる実質航続距離は、180km~250kmとされるが、次期型は60kWhバッテリーにより、実質航続距離が500km~570km程度に大幅に伸びそうだ。

同時に注目されるのが、自律走行だ。日産が誇る最新世代「パイロットドライブ1.0」の搭載が見込まれている。

日本のEVを牽引する「リーフ」次期型は、2017年東京モーターショーでのワールドプレミアが期待されている。

日産リーフ次期型をキャッチ!航続距離が2倍以上&自律走行でどこまでも走る!

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集