【ジュネーブモーターショー2017】930 ポルシェを710馬力で復刻、ルーフ CTR 新型

自動車 ニューモデル モーターショー

新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
  • 新型ルーフ CTR(ジュネーブモーターショー2017)
ポルシェをベースにした高性能車を手がけるドイツのルーフ社は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型ルーフ『CTR』を初公開した。

オリジナルのルーフCTRは、1987年に発表。ポルシェ『911カレラ』(930型)をベースに、ルーフがボディやエンジン、シャシーをフルチューン。圧倒的なパフォーマンスを誇っていた。

ジュネーブモーターショー2017で初公開された新型ルーフCTRは、同社がカーボンファイバー製のボディやモノコックを独自開発。30年前に発表されたオリジナルのルーフCTRを再現する。

3.6リットル水平対向6気筒ツインターボは、最大出力710ps、最大トルク89.7kgmを発生。駆動方式はRR、トランスミッションは6速MT。0‐100km/h加速3.5秒、最高速360km/h以上の性能を備えている。

ルーフ社は、ポルシェのスペシャリストとして知られ、ポルシェベースのコンプリートカーを数多く製作。ドイツでは正式な自動車メーカーとして認められている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集