パナソニック、従来型比600倍のコントラストを実現する液晶パネルを開発

パナソニック液晶ディスプレイは、従来型液晶の600倍のコントラスト、100万対1以上を実現する新型IPS液晶パネルを開発した。

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
新型IPS液晶パネル
  • 新型IPS液晶パネル
  • 新型IPS液晶パネル
パナソニック液晶ディスプレイは、従来型液晶の600倍のコントラスト、100万対1以上を実現する新型IPS液晶パネルを開発した。

広視野角、高輝度、高信頼性が特長のパナソニック独自のIPS液晶技術をベースに、画素ごとにバックライト光量を制御できる調光セルを内蔵することで、コントラスト100万対1以上の高コントラストの実現に成功した。これによって眩い光から漆黒の黒まで忠実で高品位な映像表示が可能となる。

最大輝度1000cd/平方メートルで安定動作が可能なほか、既存の液晶パネル製造設備で製造できる。

浮きがなく明瞭な視認性が求められる車載用モニターや、忠実な映像表示が求められる医療モニター用途に適している。

2017年1月からサンプル出荷する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集