貸切バス事業者に対する重大な行政処分、公表期間を延長---5年に

自動車 社会 行政

(イメージ)
  • (イメージ)
国土交通省は、12月1日に貸切バス事業者に対する重大な行政処分の公表期間を3年から5年に延長する。

今年1月15日に長野県軽井沢町で発生したスキーバス事故を受けて「安全・安心な貸切バスの運行を実現するための総合的な対策」がとりまとめられた。

これを受けて、貸切バス事業者について、特に重大な行政処分にあたる事業の停止処分または許可取消しに関する情報のホームページへの掲載期間を、現行の3年間から5年間に延長する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集