メルセデス・ベンツ日本 上野社長「過去最高だった昨年を上回る」…4年連続更新へ

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎 社長
  • メルセデスベンツGLC
メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は11月29日、都内で開いた新型車発表会で、2016年の販売が4年連続で過去最高を更新するとの見通しを示した。

上野社長は「年初から多数のSUVモデルやクーペ、カブリオレといったスペシャリティモデルを続々と発表し、新型モデルに大変恵まれた1年だった」と振り返った。

そのうえで「いまのところ計画通りに推移しているので、過去最高だった昨年を上回るのではないかと期待している」と述べた。

また「今年は年初からSUVに力を入れてきたが、大当たりだったと思う。SUVは車種を問わず大きく売れた。特に今年後半に出した『GLC』は右ハンドルの追加もあって、Cクラスを追い込むくらいの実力を発揮した」とSUVがけん引役となったとの認識を示した。

さらに「昨年をしっかりと数%上回って、スマートブランドと合わせて遠慮せずに大台が見えたらいいな」とも話していた。日本自動車輸入組合の統計によると、今年1月から10月までのメルセデスブランドの販売台数は前年同期比2.2%増の5万4945台となっている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集