自動ブレーキ、6割以上が搭載したい…ソニー損保調べ

自動車 ニューモデル 新型車
対歩行者自動ブレーキ試験の様子(参考画像)
  • 対歩行者自動ブレーキ試験の様子(参考画像)
  • 安全運転を支援する機能や装置を主に運転している車に付けているか、付けていない場合は付けたいか
  • 自動運転を利用したいと思うか
ソニー損保は、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女を対象に、全国カーライフ実態調査を実施。その結果を発表した。

調査は9月13日・14日の2日間、インターネットリサーチで実施し、1000名の有効回答を得た。

調査結果のうち、安全運転支援機能の装着率については、「衝突防止装置(自動ブレーキ)」が11.7%、「ドライブレコーダー」10.4%、「車線維持支援システム」6.9%、「車間距離制御装置」5.0%、「死角検知機能」は3.6%、「歩行者用エアバッグ」4.6%となった。

また、搭載したいと思うと回答した割合をみると、「衝突防止装置」は63.5%、「ドライブレコーダー」は65.2%、「車線維持支援システム」は48.5%、「車間距離制御装置」は53.4%、「死角検知機能」は68.1%、「歩行者用エアバッグ」は46.0%となった。

さらに自動運転の利用意向について質問したところ、特定の状況下でのみ自動走行モードが利用できる準自動運転については、「非常に利用したいと思う」が16.6%、「やや利用したいと思う」が49.6%、この2つを合わせた「利用したい」は66.2%。完全自動運転については、「非常に利用したいと思う」が19.0%、「やや利用したいと思う」が39.4%となり、「利用したい」は58.4%となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集